寒中見舞い

年賀状から寒中見舞いのハガキに代わって届くようになりました。

本日も生徒さんから数枚寒中見舞いのハガキが届きました。

その中に、楽しい書き込みがありました。

どうも昨年末にヒザ痛と腰痛を体験されて、病院に行っても加齢と言われるのがオチだから、行かずに治すためにネットで調べた結果、私が指導している内容と一緒だとわかり今年の目標が体操教室を休まないにしたという内容でした。

ちょっと笑ってしまいました。

でも本当に病院に行ったからといって痛みがなくなる保証はありません。

生徒さんが言うように加齢のせいにされて、電気をかけて湿布をくださるくらいの話です。

私は思います。

自分の体の事は自分が一番わかるはず、それだったら受け身で治してもらおうと考えるよりも、自ら治す気持ちを持った方が効果的です。

お医者さんの力も借りながら、でも自分が治すと思わなかったら、絶対良くはならないと思います。

積極的に行動を起こす事大切です。

ネットで調べたら、いつも教室でやっている体操が良いとわかったなんて、行動起こしたから知り得た情報です。

素直に病院に行って、無理しないように様子見てくださいなんて言われて体操サボったら、もっと筋肉が弱って治らない方向に行ってしまうところでした。

自分の体に興味を持つ事、責任を持つ事、年齢を重ねれば重ねるほど自己責任と考えても良い気がします。

厳しいようですが、大切な事です。

私自身もその考えてこれからも年齢を重ねていこうと思います。

残雪に思うこと

先週末の雪には本当にビックリしました。

週末だったおかげで、あまり仕事に影響なく過ごせて本当に有り難かったです。

テレビに映る東北や日本海側の大雪に心が痛みました。

いつ止むかわからない雪の除雪をする高齢者の姿に、大変だろうなと想いを寄せるしかできない自分がいました。

こんな毎日だったら、私なら逃げ出したくなると思います。

少しの雪で町中が麻痺してしまう都会に住む私たちは、もっともっとこの環境をありがたく思わなくてはいけませんね。

よく言われますが、「有り難い」という言葉には、「有ることが難しい」、という意味が隠れています。

全てが「有るのが当たり前」という感覚で生きている私たちは、つい忘れがちな考えです。

もし私が雪国に住んでいたら、私の仕事は成り立ちません。

雪深かったら外出もままならないし、雪かきだけで疲れてしまって運動する体力も気力も低下してしまいそうです。

体操教室自体が存続できない可能性もあります。

この名古屋に住み、大きな自然災害もなく、前向きな人々のおかげで私の仕事が成り立っています。

それこそが本当に有り難いことなんです。

とよあけさわやか体操

帰省前に、豊明市の健康体操教室で行う[とよあけさわやか体操]の講習会に参加してきました。

この体操は、ボランティアでサロン活動をしていらっしゃる歩歩友友、とよあけ健康づくりの会、みかんの会の皆さんが、豊明市高齢者福祉課と藤田保健衛生大学と協力して作った体操です。

これを市民の皆さんに広めようとの活動がスタートしました。

私達あい❤︎愛マインドもその仲間に入れて頂き、素敵な体操を一人でも多く知って頂けるように活動していきます。

6月終わりには、掛け声が入った音楽とDVD、写真入りの解説書が全て揃う予定だそうです。

それまでは、教室の初めに準備体操として取り入れていくつもりです。

この体操の良いところは、立位編と座位編が作られている点です。

たった3分ですが、全身動かすことが出来頭の体操も入っています。

とても考えられた内容で、高齢者だけではなく一般の皆さんにもやって頂きたいですね。

まずは今後指導して行く私達が、しっかり勉強しなくてはと思っています。

協力して広めていきます‼︎

残念な報告

NHK文化センターの教室に行くと、担当のAさんが待っていてくれました。

その理由は何となく分かっていました。

26日水曜日に予定していたバスツアー、青山高原でのウォーキングの企画が
集客出来ずキャンセルの報告でした。

実は今日が締め切り日で、目標人数が30名だったのですが、集まりませんで
した。

せっかく名前付きで企画して頂いたのに、本当に力不足で申し訳なかったです。

一番申し訳なく思っているのは、申し込みをしてくださった方達に対してです。

最近のバスツアーの状況としては、安くて内容充実が当たり前。

日帰りでしたら、3980円で食事やお土産付きもあったりします。

今回は14.000円、それだけの価値が私には無かったのだと反省していま
す。

時期的にも消費税が10%になるとかならないとか、気分的には出費を控えめ
にしたくなる気持ちも分かります。

季節の関係もあったかもしれません。

やはり春の方が行きたい気分になるのかもしれませんね。

この失敗?も私にとっては良い勉強になりました。

もし次回があるとしたら、企画段階で自分の考えを入れて練りたいと思ってい
ます。

NHKのブランドも考慮しつつ、値段設定をもっと参加しやすい値段に交渉した
いですね。

場所、時期、値段など、お任せではなく、こちらから提案も出来たらなと思い
ます。

キャンセルのご連絡に対して、申し込みしてくださった皆さんが、「本当に楽
しみにしていました。」とおっしゃっていたそうです。

本当に申し訳ありませんでした。

いつかこのお詫びはさせていただきますので、今回はお許しくださいね。

館内放送

午前瑞穂福祉会館に行きました。

玄関入ったとたん、知らない人にまで声をかけられました。

「テレビ観たよ。」

私の教室にいらっしゃる方ではありません。

不思議に思っていると、事務所の方が説明してくれました。

24日番組が始る前に、館内放送が流れたそうです。

「今から加藤先生がテレビに出ます。ホールに集まって皆で応援しましょう。」

そのおかげで、生徒さんではない方まで私の事を覚えてだ去ったようです。

有り難いのですが・・・。

瑞穂区の福祉会館ですから、スーパーとかで今まで以上に声をかけられそうです。

変な事できないなあ。。。

午後からの上飯田福祉会館では、テレビから写真を撮ったものを生徒さん方頂
きました。

綺麗に撮れていました。

夜には番組のDVDを頂きました。

自分の映ったのは、あまり観たくない気がしていますが・・・。

母には見せてあげたいので、有り難く頂きました。

今週中はまだまだ反響がありそうです。。。
プロフィール

aiaimind

Author:aiaimind
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード