プレミアムフライデー

毎月最終週の金曜日、3時までに仕事を終わって有意義に時間を使おうという日になりました。

テレビ等では買い物や食事、旅行などを楽しむ人たちを紹介しているものもありましたが、多くはそんな簡単に仕事を片付けて帰宅できる人はそうはいません。

ある番組ではプレミアムフライデーを実行した人は、全体のたった2、5%だったと言っていました。

私はその数字に納得しました。

例えば自営業や、中小企業などは絶対的に取り入れることは無理です。

公務員や大手企業などは人数が多い分、休みも取りやすいのかもしれませんが、この手のものはパフォーマンス的に使われやすい気がします。

だから定着はしにくいかもしれませんね。

様々な企業はこれを良い機会と考え、サービス品などを提供しているようです。

実は私もコンビニ寄った時に、プレミアムフライデーの限定品を買ってしまいました。

ちょっと得した気分になったのは確かです。

何でもポディティブに考えれば、3時には仕事終われないけどちょっといいこともあるかもしれません。

一部の人でも楽しめる時間が持てるんであれば、それはそれで良しですね。

ちなみに3月のプレミアムフライデーは31日?

みんな集合

瑞穂福祉会館の認知症予防教室に、平成28年度の認知症予防リーダー養成出のみなさんが集合して一緒に体操をしました。

生徒さんたちだけでは無く、リーダーさん達と福祉会館のスタッフの皆さん、館長さんまでも含め総勢30名の大人数でとっても賑やかでした。

リーダーさんの中には男性が3名いらっしゃって、その中のお一人が介護福祉士と介護予防運動指導員の資格を持った方でした。

既にいろいろなところで活躍されている方のようで、少し指導していただいた時には慣れた感じで指導している姿が印象的でした。

アイスブレイクの手遊びや、特に歌を歌いながらの頭の体操は、私にとっても参考になりました。

指導者が女性か男性かは、指導してもらう側にとっても印象が違う気がします。

今回も男性が持っている包容力や力強さが感じられ、安心感などがあると感じました。

教室終了後、その方から申し出があり名刺交換しました。

名刺には音楽と運動融合療法プログラムをしていらっしゃるとありました。

それ以外にも男性シニア向け有酸素運動プログラムという記載があり、とても気になっています。

いろいろな方達と知り合いになる機会となり、楽しく思っています。

これからもお互いに刺激をいただきながら、頑張ろうと思っています。

高齢化問題

生徒さんからお手紙をいただきました。

最近お教室を続けてお休みされている方だったので、気になりすぐ封を開け読みました。

そこには御主人が病気治療中であること、主治医の先生の診療日が教室の日と重なっていることがあり、退院後の通院治療にはしばらく付き添いで同行したいので、教室は一旦抜けて安心できる状態になったら一番に出かけますと書かれていました。

その文章からは、参加したいけれどご主人のことが気になり、今は自分のことより優先に考えて行動していることがよくわかりました。

最近このようなケースが多くなってきました。

先日も圧迫骨折をしたご主人の退院後、どうしても心配なので家を開けることができず教室を一旦抜けられた方もいらっしゃいます。

優先順位がまずはご主人なんですよね。

それができる一番の理由は、矛盾しているかもしれませんがご自分が健康であるからだと思います。

自分が健康でなければ、誰かのためになんて動けません。

だからこそ、日頃から体を動かし健康作りをしていることが大切です。

教室を辞めていかれるのは寂しくも思いますが、きっとまた落ち着いたらみなさん復帰してくださると信じています。

これも一種の高齢化問題のような気がしますが、それには負けずに頑張ろうと思います。

いつかまた教室に復帰してくださる日を信じてお待ちしています。

オバタリアンな私

体育館の会場を使用するのですが、少しでも安く借りられるように会場の半分だけを使わせてもらっています。

毎週いろいろな方達が半分の場所を使って活動しています。

畳敷き畳敷きの所なので、柔道や空手、女子のグループが踊りの練習をやっていたりと様々です。

今週もデッキなどの荷物を先に置きに行くと、すでに高校生の女子5名が私たちが使う場所を使っていました。

この場所は畳はなく床になっているので、彼女たちにしてみれば使いやすかったのでしょうね。

何も言わないので、荷物を置いて着替えにそのまま行きました。

替えて戻ると、このまま使ってもらう訳にはいかないのでこちらから声をかけました。

「皆さんが借りているのは反対側ですよね。もう少しすると生徒さんたちが来るので、それまでは使ってもらってもいいですがよろしくお願いします。○○には終わるから、そのあとはまた使ってもらえばいいから。」と優しい感じで伝えました。

アッ、そうですか。って感じで聞いていました。

それからマットの準備やらしていると生徒さんたちがポツポツ来だして、それに合わせてその5人は移動してくれました。

ヤレヤレット思った瞬間、目が点になりました。

畳の方に移動した途端、シューズのまま畳の上で踊りだしたのです。

今時の子たちは畳というものを知らないのか!!

知らない訳はないはずですが、なぜ靴を脱がないのか?

オバタリアンな私は走っていって、「畳の上は靴脱がないとダメですよ。」と伝えました。

さっきと一緒で、アッ、そうですか。の感じでした。

結局私たちが終わってモップ掛けをして、片付けをし始めると待っていましたとばかり移動し始め、ありがとうございましたでもお疲れ様でしたでもなく、当然のごとく場所を使い始めました。

体育会系の私には信じられないことばかりです。

おここまでこちらが気遣って配慮しているのに、そのことに関してあまりにも無関心で呆れてしまいました。

もちろん期待などはしていませんが、ガッカリしたことには違いありません。

こんな事が気になる私は、オバタリアンよりもおっさん化しているのかな?

世の中の大人たちよ、若者の教育もう少し頑張りましょうよ。

せめて感謝の気持ちは伝えるくらいは身につけさせましょう。

何もできない自分に、本当に残念な気持ちになりました。。。

星マーク

NHK文化センターの教室に行くと、4月期のチラシが置かれていました。

そこには900講座開講中となっていました。

すごい数です。

単発の講座では、美容家の佐伯チズさんや最近テレビでの辛口コメントで有名な俳人の夏井いつきさんの講座もありました。

ちょっと興味があります。

今回気付いたことがあります。

各カテゴリーの中で、「健康・ダンス・スポーツ」は約70講座あります。

その中で星マーク「満席」または「満席に近い」講座は、私の講座も含めて立ったの6講座になっていました。

確かにあい❤︎愛マインドの講座は全部で4クラスありますが、少し前までは3クラスに星マークがついていました。

それが今は1クラスになっています。

理由はやはり生徒さんたちの高齢化で、ご自身だけではなくご家族の問題もかなり深刻になっています。

介護に時間を取られ、ご自身の健康づくりは二の次になっているのが現状です。

やはり運動系は文化センターでは集客が難しいのかもしれません。

月謝が比較的高額である点も理由かもしれませんが。。。

私ができる事は、今来てくださっている生徒さんたちに少しでも健康寿命を伸ばしていただけるよう指導する事です。

その為には役立つ情報を提供し、楽しい教室作りに励みます。

星マークのクラスが増えるように頑張ります!!
プロフィール

Author:aiaimind
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード